ひなげし日記

hinageshi3.exblog.jp ブログトップ

「映画/珈琲とエンピツ」 6月22日


“シネマeイーラ” に“珈琲とエンピツ”を観にいきました。
湖西市にあるサーフショップ&ハワイアン雑貨店の店長
太田さんのドキュメンタリー映画です。
会場は満席で、ぎりぎりセーフで座れました。

太田さんはサーファーであり、サーフボード職人でもあります。
彼は聴覚障害者ですが、珈琲と筆談でお客さんと
コミュニケーションを取っていきます。

太田さんの舞台挨拶があり、その笑顔に感動!
日本語が書ける外国の方と、珈琲を飲みながら筆談でコミュニケーションを
とった経験から、お店では珈琲を出し、紙とエンピツで話をするように
なったそうです。映画の題名に納得です。
c0267692_18231216.jpg


ふと、思い出したことがあります。パリの地下鉄で出口が分からなくなった
時のことです。東洋系の2人が歩いてきたので、母が日本語で話かけましたが、
日本人ではなく台湾の方でした。私が拙い英語で話をすると
英語は話せなくて、フランス語ならOKと言われ、途方にくれた時
紙とペンを出してくれました “出口” と書いたら
地図を書いてくれました。

聴覚障害の方とのコミュニケーションは難しいと思っていましたが、
同じだったのです。
[PR]
by hinageshi1128 | 2013-06-22 17:51 | カルチャー・アート・音楽・映画 | Comments(2)
Commented by U3-Yusan at 2013-06-24 20:44
筆談ホステスも流行りましたね。
私もパリの地下鉄で蚤の市まで、地図一枚で指差しだけでたどり着きました。
あ、地図と、心と「メルシー」をたくさん(*^^*)
Commented by hinageshi1128 at 2013-06-29 21:50
ブログ同士のやり取りもコミュニケーションですね・・・コミュニケーションの方法はいろいろ と気がつけば楽しいですね。
line

レトロなものが好きで西洋館巡りや、四季を感じるオーガニックライフを楽しんでいます。


by ひなげし
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31