ひなげし日記

hinageshi3.exblog.jp ブログトップ

「富士山の絵画展」 10月13日


静岡県立美術館で開催されている “富士山の絵画展” に行ってきました。
信仰の山としての富士山、大胆な水墨画、シュールな油絵、清々しい富士山などいろいろ・・・
どれもが富士山への思いがいっぱい入っていて楽しい絵画展でした。

1番のお目当ては “横山大観の群青富士”。大胆で明快、ウン!!と言わせる
強さを感じます。 素朴な疑問は、富士山は群青に見えたのだろうか? 
そして、いきいきとなるように補色に近い金を使ったのだろうか?
逆かな・・・金が先にあり、お互いを引き立てるよう群青が選ばれたのかな?

青が群れると表現する群青色は、大好きな色名です。もちろん色としても好きです。

c0267692_22135232.jpg
 

残念な事に群青富士の絵はがきは売り切れだったので、付箋を買いました。

c0267692_2215466.jpg


西洋美術館の屋外で見るロダンは力強くて感動しますが、ここで見るロダンは
天井からの光を受け奇麗で感動します。 “地獄の門”。

c0267692_2229780.jpg


ロダンが参考にしたと言われる “ダンテの神曲・地獄篇” が織り込まれています。

c0267692_22312832.jpg


そしてマッキントッシュの椅子。座面は小さいですが、思ったより座り心地は良いです。

c0267692_22334016.jpg


静岡ホビースクエアで開催されている “ミニチュアの家展” にも寄りました。

c0267692_2238417.jpg


憧れていた小島隆雄さんの作品を始めて見る事ができました。
店舗設計の仕事をしていただけに、とてもリアルで甘くないところが素敵です。

c0267692_22414876.jpg


ずっと昔、ドールハウス作りに夢中になっていた頃のわくわく感を思い出しました。
村上一昭さんの作品は “大草原の小さな家” の世界そのものなのが魅力です。
また作りたくなりました。

c0267692_22455392.jpg

[PR]
by hinageshi1128 | 2013-10-13 22:25 | カルチャー・アート・音楽・映画 | Comments(0)
line

レトロなものが好きで西洋館巡りや、四季を感じるオーガニックライフを楽しんでいます。


by ひなげし
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31