ひなげし日記

hinageshi3.exblog.jp ブログトップ

「美術展×2 名古屋」 4月4日


天気予報は “晴れ時々雨” 何だか怪しい天気です。いつも名古屋までは在来線ですが、
浜名湖を渡る時の左右とも水の風景が好きです。湖ですが、海の空気も感じられます。

c0267692_1741317.jpg


見たかった2つの美術展を名古屋で鑑賞しました。

1つめは「大浮世絵展」です。“浮世絵の全史を通覧” とOFF(雑誌)に書いてありましたが、
全体感がつかめ、漠然としていた知識が少し整理されました。

c0267692_22173581.jpg


現代でも、奇抜なファッションが流行すれば “ありえない・・・”って思いますが、
江戸時代でも同じだったんだと感心。玉虫色の口紅が流行った時代もあったとか。。。

浮世絵の中で一番感動したのはベロ藍だけの作品です。それまで天然植物藍が身近に
あったとはいえ、鮮やかで透明感のあるベロ藍にどれほど心が踊ったのかが窺えます。
青は沈静色のはずなのに “何て奇麗 ! ! ” と心の奥の方から感動が湧いてきます。

c0267692_22371790.jpg


2つ目は「印象派を超えて 点描画の画家たち」です。

c0267692_2253132.jpg


NHK新日曜美術館で、印象派や新印象派の画家達の、色彩への追求を、
分かりやすく紹介していました。その一つが “補色” です。

c0267692_239066.jpg


“三原色は混色すると暗灰色になる。また補色同士を混色しても暗灰色になる”
より鮮やかな、より明るい色を求めるなら絵の具は混色しない。
そこで、スーラやシニャックは、気が遠くなりそうな点点で描いたという事です。

点で描く理由が、会場にあったジュニアガイドにも、分かりやすく解説されていました。

c0267692_2315349.jpg


また新日曜美術館では、ゴッホは毛糸で配色を考えていた事が紹介されていました。

c0267692_23184581.jpg


c0267692_232346.jpg


今回購入したものは “モンドリアンのクリアファイル” です。

c0267692_23254264.jpg


モンドリアンが30歳頃に描いた風景画は、モンドリアンの絵とはとても思えませんが、
何点か並ぶと、作風の変化はモンドリアンの思いの軌跡なのかなと感じます。

こちらは、絵画の一部の色を点点で抽出したシールです。

c0267692_23384428.jpg


あまりに細かい点で描かれた絵画は、良いのか悪いのかは分かりませんが、
当時の画家達の色彩に対する思いに感心、感動しました。
[PR]
by hinageshi1128 | 2014-04-04 22:19 | カルチャー・アート・音楽・映画 | Comments(2)
Commented by aikoroh at 2014-04-07 18:15
モンドリアンのクリアファイル、いいですね〜*\(^o^)/*(笑)
ミュージアムショップにいくといろいろ目移りしちゃうんですけど、大体いつもクリアファイルとポストカードに落ち着きます☆
Commented by hinageshi1128 at 2014-04-08 11:16
技能祭を境にモンドリアンは特別な存在です♪( ´▽`)。確かに私もクリアファイルとポストカードですね。
line

レトロなものが好きで西洋館巡りや、四季を感じるオーガニックライフを楽しんでいます。


by ひなげし
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31