ひなげし日記

hinageshi3.exblog.jp ブログトップ

「大地の赤」 9月7日


私は印象が薄いせいか、赤い車に乗っていると、意外とよく言われます。
洋服は淡い色が好きですが、車は濃い色のほうが存在感があって好きです。

好きな色は緑とピンク。もちろん赤も好きなのですが、緑やピンクとは好きのニュアンスが違います。
赤の魅力は主役になれる、キュート、パリっぽい(私的イメージ)、、、その他いろいろ。
ですが、魅かれる理由は他にあるような気がします。

先日、常滑のINAXライブミュージアムで開催されていた「大地の赤」展に行ってきました。
展示室はベンガラ格子や赤い壁、赤の照明と全身で赤を感じる空間演出でした。


c0267692_17012501.jpg



人間は原初、祈りの色としてベンガラの赤を使い始めました。入手しやすく色が落ちにくいなど
優れた色料だったようですが、それと共に赤色の力強さに様々な願いを込めたようです。

熊本県にあるチブサン古墳は、色使いも図柄もとてもプリミティブです。


c0267692_17013976.jpg



パプアニューギニア? いえ、鹿児島県の仮面神ボゼです。悪霊を追い払い力を与えてくれるとか。


c0267692_17014460.jpg



奈良時代以降は寺社建築にベンガラが使われました。赤は人間にとって身近な存在でありながら、
様々な力を与えてくれるスペシャルカラーなんですね。魅かれる理由が見つかった気がしました。

以前来た時より、ミュージアムは建物も庭も充実していて、美しくて楽しめる場所になっていました。
こちらは「窯のある広場・資料館」。外観は美しい黒塀、中は驚きの空間。


c0267692_17025777.jpg



INAXと言えばタイル。ということで「世界のタイル博物館」は、いろいろなタイルが展示されていて、
キャッチコピー「装飾タイルの宝石箱」の通り、タイル好きな私は宝石より魅かれます。


c0267692_17022574.jpg



タイル職人だった祖父の家には、バケツに入った残り物のタイルがいっぱいありました。
子供の私には、それはきらきらした宝物だったのかもしれません。

マカオはタイルの街らしい・・・。マカオに行きたくなりました。


c0267692_17023181.jpg



ハンガリーもタイルの街らしい・・・。遠いけど行きたい。


c0267692_17023706.jpg



マレーシアのタイルは可愛かった・・・。3月に行って、実物を見て満足しました。


c0267692_17024882.jpg



常滑焼きの焼酎瓶が並んだ坂。


c0267692_17032161.jpg



常滑は緩やかな坂の町で、それを利用した登り窯です。


c0267692_17031658.jpg



今回は街散策はあまりできませんでしたが、次回は風景やギャラリーを楽しみたいです。



  **************








[PR]
by hinageshi1128 | 2015-09-07 18:07 | カラー&デザイン | Comments(1)
Commented by higashimory at 2015-09-08 11:26
INAXミュージアムはパワーアップしてるんですね。また、行ってみたいです。タイルといえば、多治見も面白そうなので、行ってみたいと思っています。
line

レトロなものが好きで西洋館巡りや、四季を感じるオーガニックライフを楽しんでいます。


by ひなげし
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31