ひなげし日記

hinageshi3.exblog.jp ブログトップ

「タイル 近代都市の表面」展 12月25日


12月22日、愛知県陶磁美術館に行ってきました。片道2時間半かかりました。
美術館は瀬戸市にあり、愛・地球博記念公園の近くです。


c0267692_17123504.jpg



広々とした公園の中に美術館の建物が点在しています。


c0267692_17124670.jpg



後2日で終わるということで、慌てて「タイル展」を観に行きました。


c0267692_17124109.jpg



タイルは建物の外装材として優れていただけではなく、装飾的にも優れていたという事です。
質感・模様・レリーフ・色合いなどバリエーションに富み、明治〜昭和期の街を彩った事が伺えます。

組み合わせて大壁面を作る、レリーフアートのようなタイルもありました。
一番見たかったのは、マジョリカタイル。色合いも、図案もとても可憐です。


c0267692_17125291.jpg



ライト設計の帝国ホテル。明治村でロビーに入った瞬間、特別な場所に入り込んだ感覚を覚えました。


c0267692_17130257.jpg



あのロビーと比べたら、小さくてたった一個なのに完成された形。見入ってしまいました。


c0267692_17130888.jpg



頭をよぎったのは、Casaにあった文『「神は細部に宿る」とのたまったのは、ミースだが、
実際に細部を作り込んだのは、こちらライトのほうだった。』です。実感しました。


c0267692_17131638.jpg



美術館に行くのに乗ったリニモ。駅のアイコンがとてもかわいい。


c0267692_17132333.jpg



地球博公園の観覧車。


c0267692_17132864.jpg



美術館の2階には、縄文土器が触れるくらい(触りませんが)の位置に展示されていてビックリ。
他にも素晴らしい焼き物がいっぱいあり、さすが焼き物の産地、愛知県です。

タイル展で紹介されていた建物を見たくなりました。タイルで装飾された建物がどんどん
減っていく。。。寂しいですね。



  **************







[PR]
by hinageshi1128 | 2015-12-25 17:13 | カルチャー・アート・音楽・映画 | Comments(0)
line

レトロなものが好きで西洋館巡りや、四季を感じるオーガニックライフを楽しんでいます。


by ひなげし
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31