ひなげし日記

hinageshi3.exblog.jp ブログトップ

「大阪にて。石井誠さんと一五一会」 2月2日


1月30、31日。大阪に行ってきました。  

まずは、難波にある「絵本カフェholoholo」さんで開催されている
「石井誠 holo holo ジャック!展」へ。


c0267692_22204655.jpg



去年11月、たまたまつけたテレビに映っていた「書」。ただストレートに強く、
ただただ美しくて、視線も呼吸も止まっていました。
この時見た作品は、第7回手島右卿賞受賞「『生』は『生』たりえるか」です。
誰の書なのかな?と思っていると、画面に人口呼吸器の男性が映し出されました。

この時初めて「石井誠」さんの事を知りました。筋ジストロフィーが進行して
体力が落ち、大きな作品が書けないので、半紙に同じ字を何枚も何枚も書いているとか。
15分位しか体力が続かなくて、横になりまた書くとか。

大切な命を削って書いているのに、なぜか悲壮感は感じられません。
書いた作品を見て「まずまずだな・・・」みたいな事を言うのですが、それが
何だか心地良い。体力がぎりぎり限界なのに書きたくて書きたくて。って見える。
番組の最後の方で、石井さんはもう亡くなっている事を知りました。

作品が見たいと思っていたら、大阪に行く予定の日に見られる事が分かりました。
holoholoさんに入ると「花」と書かれた作品が、何枚も何枚もありました。
その一枚一枚の表情の違いは、石井さんが「花」と書く時の心の表れなのでしょうか。
何を思って書いたのか、または何も思わないで書いたのかもしれません。
私も、いろいろな「花」を見て、何かを感じたり感じなかったりと楽しみました。


c0267692_22205256.jpg



最後に作品の前で深呼吸をしました。石井さんが居た場所で深い息をして空間を
共有したかったのです。機会があったら大きな作品も見てみたいです。

日本橋駅(大阪にも日本橋があるんですね)に向かう途中にあったキリスト教会。


c0267692_22210387.jpg



ヴォーリズ設計かと思いましたが、設計者は不詳なんですね。


c0267692_22211102.jpg



こちらは、昭和初期の建物。現在はデパートとしてではなく、高島屋の資料館や
テナントとして使われているそうです。時間が無く内装は見られませんでした。
それにしても、この美しいレトロな建物の前に大きな看板とは。。。残念。


c0267692_22212648.jpg



さすが大阪!草間弥生風水玉ビルです。


c0267692_22213675.jpg



何回見ても「ほんまでっか ? ! 」の駐車料金。


c0267692_22214405.jpg



次は、一五一会(4弦ギター)のイベントに参加。会場は、一五一会の生みの親
ビギンと同じ名前の、京橋ビギン商店街にあります。


c0267692_22220805.jpg



名前も南国の沖縄・奄美料理店「ハイビスカス」です。


c0267692_22221460.jpg



まずは、ワークショップから。先生は、大阪での初ワークショップに緊張気味。
一五一会は「世界一簡単に弾ける」がキャッチコピーなのですが、それだけだと
ちょっとつまらなくなってきます。その上を目指すとやっぱり難しくて
簡単には上手くなれません。まー、どの楽器にも言えることかもしれませんが。


c0267692_22222267.jpg



ワークショップの後は、先生と大阪のミュージシャンの方とのライブです。
会場は満席です。お客さんは沖縄や奄美出身の島人だらけ。しかも三線弾きだの
琉球太鼓たたきだの、唄人だのがいっぱい。唄が始まればカチャーシーで手踊り、
イヤーサーサーの掛け声、指笛と賑やか。ただただ楽しいの一言です。

今日の二つの場所は、静と動、静けさと喧噪感と対極のようでありながら、
生きる強さ、命の強さ、瞬間の輝き、根源的なところは同じなんだと感じました。

翌日は、吉本新喜劇でアホになる予定でしたが、残念な事に1ヶ月前にすでに満席。
お土産にAyANOKOJIのがま口を買いました。大好きな唐草紋様です。シルクロードを
通って日本にたどり着いたから、和柄だけどエキゾチックな魅力です。


c0267692_22223450.jpg



ほとんど遊びに来た事がない大阪。濃くて楽しい2日間でした。次回は吉本へ!



  **************















[PR]
by hinageshi1128 | 2016-02-02 13:59 | カルチャー・アート・音楽・映画 | Comments(2)
Commented by sho-doit at 2016-02-02 16:22
こんにちは!渉です。

勉強不足で、この記事を読んで石井誠さんのことを知りました。
情報を知るごとに、五体満足の自身を振り返って反省します。
書は平面芸術に属しますが、言語でもあります。

石井誠さんが書いていたのは単なる「文字」ではなくて、
声にならない声だと思います。
「絶対に伝えるのだ!」という覚悟と迫力があったのだと思います。
僕も襟を直し、全力で書に取り組みたいと思いました。

石井誠さんのご冥福をお祈りします。
Commented by hinageshi1128 at 2016-02-03 23:11
渉さん、書道家としてのコメントをありがとうございます。

「書が言語でもあると書かれていますが、確かに何かを
伝えてもらった気がします。次回は、私からも何かを伝えて
コミュニケーションする事ができたら、素敵だなと思いました。

何事も一所懸命取り組み、そして楽しんで下さいね。
line

レトロなものが好きで西洋館巡りや、四季を感じるオーガニックライフを楽しんでいます。


by ひなげし
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30