ひなげし日記

hinageshi3.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:カルチャー・アート・音楽・映画( 93 )

「ブルーグラスを聴きに」 8月24日


8月21日、ライブハウス「ビスケットタイム」にブルーグラスを聴きに行きました。
ネオンサインがちょっと郷愁をそそります。


c0267692_20323701.jpg



並んだこちらの看板もロゴが素敵です。店内も楽器やレコード盤が壁に飾られて
素敵なライブハウスでした。


c0267692_20324462.jpg



ブルーグラスはケンタッキー州の別名で、スコットランドやアイルランド移民達が、
開拓の合間にフィドル(バイオリン)の伴奏で、ダンスや故郷の音楽を楽しんだそうです。
それに、黒人音楽が加味されて誕生したのがブルーグラスということです。

出演バンドは「THE BLUESIDE OF LONESOME」1本のマイクで交代で歌ったり、
皆で歌ったり、ちょっと駆け引きがあったりと凄く楽しい演奏でした。


c0267692_20325742.jpg



アメリカの開拓時代には魅かれるものがあり、またルーツミュージックにも魅かれます。




  **************













[PR]
by hinageshi1128 | 2016-08-24 21:13 | カルチャー・アート・音楽・映画 | Comments(2)

「森ほたる」 8月18日


遠州森町の夏の風物詩「森ほたる」は風情のある催し物です。
夕方になると街のあちこちに灯りがともり、それが10日間程続きます、


c0267692_21133017.jpg



「がぁんこや」は、遠州弁のがんこかな?「森ほたる」も「がぁんこや」も素敵な筆文字です。


c0267692_21133652.jpg



街のあちこちで、いろいろなイベントがあり、私達も街角で演奏をさせて
いただきました。何だかストリートミュージシャンみたいです。


c0267692_21134715.jpg


伊豆石のお蔵がありました。


c0267692_21135339.jpg



森町には昭和レトロな商店街もあり、懐かしい風景に出会えます。




  **************







[PR]
by hinageshi1128 | 2016-08-18 21:31 | カルチャー・アート・音楽・映画 | Comments(0)

「音楽の力/高石ともや」 7月26日


7月23日、「音楽の力/高石ともやトークコンサート」を聴きにいきました。
場所は、静岡文化芸術大学です。


c0267692_20520152.jpg



高石さんは67年からメッセージフォークを、ずっと現役で50年間歌い続けています。
写真と同じ笑顔で話し、歌い、フィドル、バンジョー、ギターを演奏されました。


c0267692_20520989.jpg



プロフィールを見てびっくり。ホノルルマラソン39回連続完走とか、
トライアスロンで優勝したりとか、歌だけでなく体もタフな方なんですね。

アメリカ留学時代に見聞きした事や、東北震災の現場で感じた事、いろいろな人との
交流など、サブタイトル「かたりうたう叙事歌 50年史」のままの内容でした。


c0267692_20521781.jpg



初めプログラムを見た時に、9曲×9曲も歌うの?って思いましたが、
曲にまつわる逸話を話され、さらっと歌う。流れるように次の曲へ・・・と続きます。
内容は時に強く、時に痛い話なのに、とにかく陽気(モットーのようです)に話されます。

一番印象的だった曲は、高校生達と一緒に合唱された、クラーク記念国際高校校歌
「はじまりの日に」です。人生はどの場面でも素敵なんだな・・・と、思いました。


c0267692_21404384.jpg


手描きのプログラムには、思いがいっぱい入っていました。
「苦しみに耐えるのではなく、苦しみを越える」高石さんからもらったメッセージです。



  **************









[PR]
by hinageshi1128 | 2016-07-26 21:47 | カルチャー・アート・音楽・映画 | Comments(0)

「水森亜土展」 6月29日


今日「Cute & Happy 水森亜土/夢と乙女の香り」展に行ってきました。
タイトル通り、キュートでハッピーで夢いっぱいで乙女な世界でした。


c0267692_21250153.jpg



昔昔、学校の前のお店で、亜土ちゃんのファンシーグッズをいろいろ買いました。
当時はこんな絵のイメージか、もう少し乙女っぽい雰囲気の絵だったような・・・。


c0267692_21250908.jpg



亜土ちゃんは、ずっとずっと描き続け、こんなにキュートでコケティッシュな
女の子も描いていたんですね。


c0267692_21252138.jpg



それにしても、水森亜土さんってすごい人だなって感心しました。イラストレーターで
歌手で女優で・・・どれもプロ。でも、肩肘張らずラフに楽しく生きている。
才能がいっぱいあるのも羨ましいし、楽しく生きている姿も羨ましい。。。



  **************








[PR]
by hinageshi1128 | 2016-06-29 21:40 | カルチャー・アート・音楽・映画 | Comments(2)

「浜松祭り」 5月7日


5月3日〜5日に開催された浜松祭。凧揚げ会場は中田島砂丘ですが、街中でも
いろいろなイベントが催され、その一つが「浜松出世道inアクト通り」です。
御殿屋台を近くで見てもらえるよう並べてあります(写真は去年のもの)。

c0267692_15371133.jpg



通りには飲食ブースや物販だけでなく、ステージイベントもあり、ダンスやお笑い、
アコースティックライブなど盛りだくさん。私達も演奏させていただきました。
あまりの強風に譜面台を足で抑え、体も飛ばされないようにするだけでいっぱいでした。


c0267692_15274759.jpg



夜の街中は御殿屋台と練り、それを見物する人々で溢れています。お囃子の音を聞くと、
子供の頃に屋台に乗り鼓をたたいた時の事を思い出します。良い思い出です。


c0267692_15273942.jpg



「今日は結婚記念日」と言ったら、仲間がお菓子でお祝いをしてくれました。


c0267692_15275576.jpg



Rさん、お菓子とっても美味しかったです。ありがとうございました。



  **************






[PR]
by hinageshi1128 | 2016-05-07 21:41 | カルチャー・アート・音楽・映画 | Comments(4)

「ライブを聴きに “ロバノミミ”」 5月6日


4月29日、一五一会(4弦ギター)の師匠と音友達のライブがありました。
場所は多国籍レストラン『ロバノミミ』さんです。看板が素敵。


c0267692_12452576.jpg



多国籍ならあらゆる国が含まれそうですが、欧米ではなくエスニックな香りのする
国々、北アフリカや中近東、アジアって雰囲気ですね。友達はモロッコのタジン鍋を


c0267692_12453395.jpg



私はひよこ豆のカレーを食べました。温かいウーロン茶は中国茶器で飲みます。


c0267692_12453980.jpg



オープニングは、ほのぼのとした演奏が魅力の『こだま商店』さん。壁面を飾る
ほのぼのとしたイラストも描かれているとか、展示は今月中だそうです。

師匠『会津里花』さんは一五一会で、音友達の『よねやまたかこ』さんは、
コンサーティーナ(写真)とギターで弾き語りをされました。


c0267692_12454587.jpg



他に三線を弾く女性も加わったりして、いろいろな音いろいろな曲が楽しめ、
今夜は心に届く音楽が聴けました。

暖かな光で包まれた空間からも、心地良い時間をもらいました。


c0267692_12455518.jpg



ライブで『贅沢な人生』という曲が演奏されました。モノサシの目盛りを
物から気持ちに変えれば、今夜はとても贅沢な時間でした。
でも時々、物欲にも襲われる自分もいます。人間だものね。。。



  **************








[PR]
by hinageshi1128 | 2016-05-06 13:32 | カルチャー・アート・音楽・映画 | Comments(2)

「エリック・クラプトン武道館ライブ」 4月20日


4月16日、武道館でおこなわれたエリック・クラプトンのライブに行ってきました。
久しぶりに見る富士山。春らしい霞んだ富士山もまたよしかな・・・。


c0267692_16522430.jpg



改装後初めて来た東京駅。上野に行く予定だったので改札を出なかったのですが、
東京駅の外観を見れば良かった。。。と、ちょっと後悔。


c0267692_16522960.jpg



知人が絵を出展をしている都美術館へ。ところが今日は最終日で正午に終わったそうです。
その時すでに1時半。はがきを良く見たら、すごーく小さく最終日は正午迄とありました。
ミュージアムショップを見たり、上野公園をぶらぶらとしたりと、それなりに楽しみました。


c0267692_16523617.jpg



この立派な門は重要文化財の「田安門」です。皆でぞろぞろ向かった先は・・・。


c0267692_16524268.jpg



「エリック・クラプトン」ライブ会場の武道館。初武道館、初クラプトンです。


c0267692_16524894.jpg



武道館の感想は、中身は体育館かな・・・。でも、会場の雰囲気はとても良く、
2階席からは全体が眺められ、演奏者も観客も同じ空間に居る一体感を感じました。

エレキギターからアコスティックギター、そしてエレキギターの順に演奏。
エレキは心を通り抜け頭に響き、アコギは心に響きました。演奏は素晴らしく、
特に「Wonderful Tonight」には涙腺がゆるみました。

今回は聴けませんでしたが「ダニーボーイ」もお気に入りです。


c0267692_16525495.jpg


写真はだいぶ前のものですが、あまり変わらない印象で素敵でした。
ファッションはというと、紺に白のストライプ入りジャージ(多分アディダス)で登場 !?
ネットで行った人の感想を読んでいたら「ジャージ姿がかっこいい」とあったので、
それもありなのか・・・と妙に納得しました。

その他の感想に「大人のライブでした」ともありました。観客は思っていたよりずっと
静かで、ずっと上品で、クラプトンもたんたんと弾き、弾き終わる度に「Thank you」と
言うだけの聴かせるライブでした。確かに大人のライブでしたね。

今回は、友達が息子さんと行く予定だったのが、息子さんが行けなくなって
誘ってもらいました。A子様、息子様、クラプトン様、Wonderfulな夜を
ありがとうございました。



  **************













[PR]
by hinageshi1128 | 2016-04-20 17:22 | カルチャー・アート・音楽・映画 | Comments(0)

「大人の工場見学/ヤイリギター」 4月12日


4月9日、一五一会(4弦ギター)の仲間と岐阜県可児市にあるヤイリギターを訪ねました。

可児市は花フェスタ記念公園が有名ですが、うなぎも名物という事で、工場見学の前に
腹ごしらえです。仲間の一人が「ごはん少し大盛り(無料)」を頼んだら、何と倍盛り
でした。彼曰く、ご飯がどんぶりの底から湧いてくるようだったと・・・。


c0267692_22321265.jpg



私達の一五一会が産まれた場所に到着。


c0267692_22321764.jpg



ショールームにはいろんなギターが所狭しと並んでいて、お客さん達が試演奏していました。
壁にはヤイリを訪ねて来たミュージシャンの写真が、いっぱい貼ってありました。
右から一五一会ベーシック、音来(にらい)、奏生(かない)です。


c0267692_22322279.jpg



ヤイリギターは本当に世界のヤイリなのに、事務所もショールームも工場も
華美ではなく、昔ながらの雰囲気のまま。でも一番大切な事は「良い品質の
ギターを作ること」という姿勢が伝わってきます。


c0267692_22322607.jpg



ギターのボディ部分の木を乾燥中。見た目はまだベニヤ板です。。。


c0267692_22323177.jpg



完成し出荷を待つギター。その数1日たったの20本です。その数字からは量産に走らず、
品質の良いものしか作らない姿勢が伺えます。


c0267692_22330342.jpg



サプライズは、さっき迄ギターを磨いていた職人さんのギター演奏です。
嬉しい事に2曲目は、一五一会で「涙そうそう」を弾いてくれました。


c0267692_22331081.jpg



私は一五一会のちょっとした加工と、メンテナンスをお願いしました。担当してくれた
職人さんは、多くのプロミュージシャンのギターをリペアしていると思うのに、
とても丁寧に対応してくれました。自分たちが作ったギターを誇りに思い、
ギターも持ち主も大切にしてくれているのだと感じ、嬉しくなりました。

職人さん達は真剣にギター製作に取り組んでいるのですが、ここには優しい空気が
流れていて気持ちの良い場所でした。良いものが産まれる場所はこんな空気が
大切なんですね。。。



  **************







[PR]
by hinageshi1128 | 2016-04-12 23:40 | カルチャー・アート・音楽・映画 | Comments(2)

「人形浄瑠璃」 3月13日


3月12日、人形浄瑠璃を鑑賞しました。家から車で10分程の場所での公演です。
めったにない地方公演なのに、席は1/3位空いていました。


c0267692_15554339.jpg



以前、菊川での公演のときはラジオで案内を何回も聞いたのに、今回は耳にも
目にも情報が少なかった気がします。ちょっと残念。

入り口で人形が出迎えてくれます。案外大きくて存在感があります。


c0267692_15555557.jpg



前回は真ん中辺りの席だったので、今回は発売当日に購入しました。左側最前列に
したのですが、ちょっと失敗。字幕が目の前で首も目も疲れました。

文楽は、浄瑠璃・三味線・人形の三位一体の舞台芸術ということですが、
今回は、感情たっぷりに語る浄瑠璃に聞き入りました。

初めの演目は「団子売」。夫婦がそれぞれ踊りを踊る楽しい舞台です。
次は、近松門左衛門の「心中天網島」。人形とは言え感情豊かで、悲しい場面では、
涙がにじんできます。クライマックスの心中場面では、何で死ななきゃいけない
のよ・・・。と、ちょっとリアルな現代人に戻ってしまいます。


c0267692_15554935.jpg



人形使いは3人1組なので、人形が4体のシーンでは、人間が12人と人形4体で
部屋の中がいっぱいになります。何だか飽和状態だな・・・などと、
今回は2回目なので余計な事を考えたりしましたが、すばらしい芸術を堪能しました。



  **************








[PR]
by hinageshi1128 | 2016-03-13 20:00 | カルチャー・アート・音楽・映画 | Comments(0)

「鴨江アートセンターにて」 2月28日


いつもの年なら今日で2月が終わり。明日迄あると思うと1日でも嬉しい。
先週末、2日続けて鴨江アートセンターのイベントに参加しました。

26日、浜松市役所主催「かんばんどうでしょう?」。浜松の看板のこれからを話合いました。

①テーマ「浜松とは…?」4〜5人のメンバーで、各自思ったことを付箋に書きます。
似た意見をまとめ、タイトルを付けます。私は、なるべく感覚的な事を書きました。
「光がいっぱい」「イベント好き」「学習好き」「方言と気づかず堂々と使う」
「案外親切」など。後はやっぱり「湖遊び」。


c0267692_12533794.jpg



②テーマ「良い看板とは…?」私の意見は、王道で「場所の事を考えている」「○○過ぎない」
「伝える役割を果たしている」「ちゃんとデザインされている」など。


c0267692_12534346.jpg



③テーマ「浜松らしい看板とは…?」①②と道筋を付けたから皆さんまとめてね・・・。
ということだと思うのですが、皆さんここでペンが止まります。理由は①の項目が多いから。
浜松は広域で市街地、再開発地区、海、湖、山、田園地帯と様々です。私は「浜松の顔
としての浜松駅前」をメインで考え、後は各場所の特性を生かすのが良いのかなと思います。


c0267692_12534883.jpg



メンバーからは、駅前広場に「浜松特産品鳩時計」を、という意見が出ました。
時間がくると、うなぎが出たり、みかんや家康君が出たり、それを皆で拍手する。
花がいっぱいで賑やかな浜松駅前に、イベント好きな浜松っ子が集まる。楽しそうですね。

告知には「素敵な看板写真を持ってくる」とあったのですが、時間がなくて見せ合ったり
話し合ったりができなくて残念でした・・・と言いつつ見てもらいました。

「娯楽施設/パチンコ屋」さんの看板。寒色系で爽やか、のぼり旗も少なく、
電飾看板も無くて(記憶ですが)好印象。一番目立つのは電飾だと思うので。


c0267692_13534674.jpg



こちらは「美容院」。スタイリッシュな建物が街中に良く合います。3分割で大胆な
構成ですが、白でフレーミングされていてスッキリしています。モードな写真が
美容院らしさを表していると思います。というか貸物件でしたね。。。


c0267692_12535591.jpg



27日、「アートの仕事、デザインの仕事 出会い方、働き方」。浜松で活動されている、
「AKIRA OSAWA」さんと、「SIPHON GRAPHICA」さんのお話を聞きました。


c0267692_12540197.jpg



お二人ともざっくばらんに、今に至る経緯や、仕事の話をしてくれました。
好きでやってきた事が仕事に繋がった事。量産をする事で力が付く。パソコンの中で
作品を作らない。空気や手触り、人との関係などが大切で、パソコンは画材の一つと捉える。
チームワークが大切な事。人が仕事を運んでくれる事。などなど・・・。

仕事を奪い合ったり独占するのではなく、得意な分野は得意な人にやってもらったり、
仕事を紹介し合ったりと、繋がりが大切と強調されていました。
デザイナーの横の繋がりつくりのために「Dorg」という活動もされているそうです。

これからアートやデザインの仕事をしたい、若い人向けのお話でしたが、
私も聞いていて、ワクワクしました。



  **************










[PR]
by hinageshi1128 | 2016-02-28 23:09 | カルチャー・アート・音楽・映画 | Comments(0)
line

レトロなものが好きで西洋館巡りや、四季を感じるオーガニックライフを楽しんでいます。


by ひなげし
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31