ひなげし日記

hinageshi3.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:ハンドメイド( 12 )

「座布団作り」 7月10日


7月10日(日)静岡に行ってきました。行き先は「駿府博物館」ではなく「SBS学苑」です。


c0267692_22014321.jpg



「遠州綿紬を使った座布団作り講座」に参加しました。参加者6人中4枚の座布団です。
遠州綿紬はカラーバリエーションが豊富なのが魅力です。


c0267692_22014837.jpg



ただ四角い綿を入れているのかと思いきや。。。作り方は職人技でした。
先生に手伝ってもらいながら完成した座布団は、コロンとして可愛いい。


c0267692_22015584.jpg



座布団の左右に付いたものは「ちれ」といい、持ち手にしたり、座布団同士を繋いだり、
椅子に置いた時、落ちないように座布団を椅子に縛り付けたりして使うそうです。


c0267692_22020145.jpg



先生が作った座布団が4.000円弱で売っていました。講座参加費が3.500円なので
買った方が綺麗で楽?。いえ、多少歪でボコボコでも、自分で作るから愛おしい。。。ですね。

せっかく静岡に来たので、噂の「鳥獣戯画」のガチャを買いに静岡市美術館にも行ってきました。
“うさぎ” が欲しかったのですが、初めに “かえる”。次は “さる”。。。


c0267692_22020508.jpg



もう1個買おうか迷いましたが、うさぎが出る可能性は低いのであきらめました。



  **************






[PR]
by hinageshi1128 | 2016-07-12 22:26 | ハンドメイド | Comments(0)

「テキスタイルデザインとアップリケ」 4月25日


4月23日、鴨江アートセンターで開催された「テキスタイルとアップリケ」に参加しました。
ファシリテーターは「mamegumi」さん。「ROOTOTE」のデザインもされている方です。

オリジナルの生地が欲しいけど、シルクスクリーンで染めるとお金がかかるし・・・
と思いついたのがアップリケだったそうです。

窓から入る春の光と風が気持ち良い部屋で、皆で手芸部気分です。


c0267692_17531620.jpg



mamegumiさんの作品1。いろいろな色の三角をランダムに並べたもの。


c0267692_17532145.jpg



作品2。四角で構成された花のがま口。


c0267692_17532797.jpg



作品3。モノトーンでシンプルな形の鳥たち。


c0267692_17533348.jpg



mamegumiさんに「型紙は無く適当に切って、四角とかを並べるだけでもOK」と
言われて、四角と三角と真似した鳥を並べましたが、どこか違う私の作品。。。
これでは、質の悪い違法コピー品のようですね。


c0267692_17533852.jpg



お茶やお菓子を持ってきて、手芸カフェっぽくすれば良かったと
mamegumiさんがおっしゃっていましたが、お茶しながら、おしゃべりしながら
楽しむのも良いですね。

そんな緩い時間に合いそうな、レトロで可愛いパッケージのお茶をもらいました。
姉の台湾土産です。手前の美味しそうなものは、お菓子のマグネットです。


c0267692_17534371.jpg



アップリケは、もう少し手直しをしてバッグにする予定です。


  
  **************












[PR]
by hinageshi1128 | 2016-04-25 21:46 | ハンドメイド | Comments(0)

「コンピュタミシン購入」 9月9日


長年使っていたミシンに限界がきたので、新しいミシンを買いました。
いつの間にか名称は、ミシンではなくコンピュタミシンになっていました。
魔法の機械を手に入れた気分です。

ミシンを買ったので、何か作りたくて中身を見ずにタイトル買いしてしまった本。
早速、SOU・SOUの布で「あずま袋」を作りました。
長さが足りなかったので青い布を足しましたが、何だか田舎臭い配色。。。


c0267692_11510745.jpg



赤い革の持ち手を付けてアクセントに。少し可愛くなりました。
小学校の手芸クラブで初めて作ったのが「あずま袋」でした。懐かしい。


c0267692_11511404.jpg



新しいミシンは魔法の機械と思いきや、パソコンでデザインをするのと同じで、
センスが形に出るし、ちょっとしたコツというか技術も必要です。
洋服が作れるようになる迄は時間がかかりそうです。




  **************









[PR]
by hinageshi1128 | 2015-09-09 12:00 | ハンドメイド | Comments(0)

「プレゼント」 8月17日


妹からパッチワークのミニポーチをもらいました。パッチワークは配色が大切ということで、
これはフレンチのイメージだそう。大切に使うね。リバティのボタンももらいました。


c0267692_17535337.jpg



配色と言えば、蜷川実花さんのお母さんのパッチワークは、色彩が実花ワールドで刺激的でキュート。
お母さんが先なのか、お互いに影響し合っているのか? ちょっと憧れの親子関係です。

オランダのゴッホ美術館に行った姉からは、ゴッホの「アイリス」をモチーフにしたポーチをもらいました。
本は4年前、名古屋で開催された「ゴッホ展」で手に入れたものです。


c0267692_17535902.jpg



この展覧会を観るまでは、ゴッホは心(魂)のおもむくままに描いていると思い込んでいました。
実際には、すごく勉強家で研究熱心だったことを知り、
それまで痛いと感じていた強い筆遣いが、愛おしく感じられました。

ずっと昔、姉妹3人でゴッホが住んでいたフランスのアルルまで行きました。
光が強くて「ゴッホの黄色はこの光を描いたんだ・・・」と、
ゴッホの眼、ゴッホの心になった錯覚を覚えました。懐かしい思い出です。



  **************








[PR]
by hinageshi1128 | 2015-08-17 17:54 | ハンドメイド | Comments(2)

「革小物」 6月7日


「ヌメ革のトートバッグ」が完成しました。
革細工2作目にして、大作のトートバッグにチャレンジです。

まずは裁断。持ち手は既製品を使用。
間違ってはいけないので、何回も測り直してこの時点でへとへとです。


c0267692_11202249.jpg



フォークのようなもので縫う穴を開けてあるので、縫い目が揃います。職人気分で楽しい作業。


c0267692_11212270.jpg



完成! でも、何だか生っぽい。だんだんに色が変わり、柔らかくなっていくとか。
ミニチュア革ブーツはAさんからの借り物。かわいくて完成度が高くて感動ものです。


c0267692_11213069.jpg



3作目は「名刺入れ」可愛くできました。柔らかい革は縫いやすいですが形が歪みます。


c0267692_11213694.jpg



重い鞄が苦手なので革のバッグはほとんど持っていません。
自分で作れば軽いバッグが作れ、素材や形も選べるのが魅力です。



  ***************






[PR]
by hinageshi1128 | 2015-06-07 11:43 | ハンドメイド | Comments(2)

「北欧デザイン」 4月21日


北欧の暮らしを提案している「ドロフィーズ」で教えてもらったサシェを作りました。
中味は、檜の削り屑、檜のオイル、生のアップルミントです。


c0267692_17395100.jpg



生地は左から南仏プロヴァンス、フィンランドのマリメッコ、日本のsou-souと国際的。


c0267692_17395758.jpg



ドロフィーズは、のどかな風景の中に小さなお店が点在しています。


c0267692_17400840.jpg



子供の隠れ家のような可愛い建物。


c0267692_17401332.jpg



北欧スタイルはトレンドというより、もう定番ですね。
インテリアカラーが明るく、木の素材感がナチュラルでシンプルだから、
多くの人に受け入れられているのですね。
テキスタイルはデザイン化されていてスタイリッシュ。使う量であれこれ楽しめます。

モノだけでなく、ライフスタイルも提案しているのが北欧スタイルの魅力かな・・・。
そんな素敵な暮らしを紹介している「北欧、暮らしの道具店」はお勧めです。

ドロフィーズではマリメッコのウニッコ(ひなげし)がはためいていました。贅沢。。。


c0267692_17400233.jpg



天浜線の都田駅に、マリメッコのパネルが飾られていると聞き帰りに寄りました。


c0267692_17401948.jpg



去ってゆく電車。


c0267692_17402596.jpg



もしかしたら乗ったことがないような。天浜線でのどかな風景を楽しみたい季節です。



  ****************






[PR]
by hinageshi1128 | 2015-04-21 20:49 | ハンドメイド | Comments(5)

「革のペンケース」 1月24日


ついつい買ってしまう手芸材料。今年の抱負はこれらを少しずつ作品にする事です。

浅草橋や東急ハンズで、安いのでつい買ってしまった革の端切れがたくさんあります。
本を見ながら作ってみましたが、いまいちなので革細工の講座を受けてみました。

形と革と糸が選べます。鮮やかなブルーの革にイエローステッチのペンケースを制作しました。
想像以上にいろいろな行程があり、なかなか大変。。。2時間で完成。
小さめですが何とか愛用のペンとラインマーカーが入りました。


c0267692_17494744.jpg



革細工の後、街中の古いビルで開催されているイベントを見に行きました。


c0267692_14285050.jpg



1階は床屋さん、2、3階が会場です。足を踏み入れてびっくり。
古いままか、リノベーションされているのかと思ったら、適度に朽ちたイメージの
アートスペースでした。


c0267692_17495461.jpg



素敵な似顔絵を描いている人がいたので、お願いをしたら30分待ちとの事。
人が多くてコーヒーを飲んで待てる状況でもないので、諦めました。

若者に人気の隣の古着屋さんも覗いてみました。こちらにもお客さんが入っていました。
街中に人が集まらないと言われていますが、楽しいイベントや素敵なお店には人は集まるものですね。

このエリアには古い建物が残っていて、すぐ側にもタイル外壁のレトロなビルが
ありました。鋭角のアールが素敵です。


c0267692_17500114.jpg


街を歩くと発見ありです。



  ***************






[PR]
by hinageshi1128 | 2015-01-24 17:50 | ハンドメイド | Comments(6)

「マトリョーシカ絵付け」 8月25日


鎌倉の「コケーシカ」で買った白木のマトリョーシカに絵付けをしました。
メンバーは妹と姪と私。一人だとやる気が起きませんが、仲間がいれば楽しいです。

本を参考に絵柄を決めます。
ロシアの民族衣装ルパシカを着た素朴なマトリョーシカです。

c0267692_22333043.jpg



上を参考にした妹のマトリョーシカ。不二家のペコちゃん顔です。

c0267692_22381368.jpg



日本的なものを持ったお土産風のマトリョーシカです。

c0267692_22402697.jpg



キッチュな姪のマトリョーシカ。真ん中の子がちょっとおかまっぽい。

c0267692_22415122.jpg



ロシアの絵本に登場しそうな素朴なマトリョーシカ。

c0267692_22431087.jpg



全く似ても似つかない私のマトリョーシカ。

c0267692_2244956.jpg



でも、とても愛おしい。向きを変えたりいろいろ楽しんでいます。

c0267692_2245820.jpg



皆、見本とは程遠くて大笑いでした。
立体物に描くのは難しいと痛感。顔はシンメトリーにならないし、線は太くなるし・・・
でも、へたでも愛着があって、やっぱりカワイイ。また皆で何か作りましょう。


   **************
[PR]
by hinageshi1128 | 2014-08-25 22:49 | ハンドメイド | Comments(4)

「綿の発芽の続き」 5月24日

       
          土を持ち上げていた綿の芽が、6日でこんなに延びました。
          種がまだついたままです。

c0267692_163976.jpg

[PR]
by hinageshi1128 | 2013-05-24 16:04 | ハンドメイド | Comments(0)

「棉から綿へ」 5月13日

             母の日前後は “綿の種” を蒔く時期です。
             去年始めて綿を栽培しました。
             種の付いた状態は “棉” で、種を除いた状態が “綿” です。
             “綿繰り機” も購入したまま放置状態でしたが、
             蒔く時期を逃すわけにはいかないので、慌てて綿繰りをしました。
c0267692_1723433.jpg


          とりあえず、植える分だけ作業したのですが、
          慣れないので、悪戦苦闘、、、1時間でやっとこれだけ。
          種を除いた綿は綿菓子のように柔らかくて、とてもきれい。

          だんだん作業に慣れてくると、いろいろな思いが頭を巡ります。
          1番先に思い出したのは “横井庄一さん” です。彼は、戦後28年間
          グアムのジャングルで過ごしますが、仕事だった洋服の仕立の
          知識を生かし、木の繊維から糸、布そして服を作ったそうです。
          横井さんも、私達の祖先もこんなふうにしていろいろなものを
          得ていったのだろうか・・・と、原初の気持ちが感じられる作業です。   
c0267692_17252326.jpg


          種を植えて4日後、命の循環を感じました。
          出た芽が土を力強く持ち上げています。
c0267692_16163647.jpg


          1年程前 “片山佳代子さん” のガンジーのお話と
          チャルカ(糸紡ぎ車)を使った糸紡ぎ体験の催しに参加しました。
          その時頂いた種で去年始めて綿を育て、今回植えたのは二代目です。
          
          片山さんのお話を聞いて、綿を紡ぎ布を作る事にかけたガンジーの
          想いを知りました。 “ジョン・ラスキン” の思想に影響を受け、
          「労働の尊厳や、手仕事の喜びを取り戻そう」といった
          ガンジーの言葉から、ふと思い出したのは “ウイリアム・モリス” です。
          デザインや芸術のシーンからモリスを見ていましたが、
          モリスは、もっと人間の根源的な部分としての手仕事を求め
          人々の幸せを願っていた事に気づかされました。
c0267692_1764330.jpg



             去年の秋、綿の実がはじけました。
             少し緩んだら収穫です。
c0267692_17311998.jpg


          去年の綿の収穫です。多くはないですが、
          始めてなので、この先マフラーになるまでの工程を考えると・・・
          あせらず手仕事を楽しんでいく予定です。
          モリスのように。
c0267692_17351469.jpg





      

    

             
[PR]
by hinageshi1128 | 2013-05-13 17:15 | ハンドメイド | Comments(0)
line

レトロなものが好きで西洋館巡りや、四季を感じるオーガニックライフを楽しんでいます。


by ひなげし
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31