ひなげし日記

hinageshi3.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

「宮下昌也さんとKuriさんのこと」 10月27日


“遠州横須賀街道ちっちゃな文化展” でライブペインティングをしてた宮下さんに会いました。
“宮下さん”  は “payaka” というお店の壁画やTシャツの絵を描いています。
彼の絵は、payakaのDMやチラシで見た事があり、穏やかだけど力強い絵だなと思っていました。

c0267692_22452786.jpg


会場で見た絵は太陽や土の香りがし、風を感じ、水の流れる音が聞こえました。
大きな絵も素敵でしたが、薪や石などに描かれた絵はより自然。。。
「いのち」をテーマに創作をしているとのこと、納得です。

c0267692_22452821.jpg


左は、payakaのDMなどで使われていた絵。幸せな気持ちになれます。

木に耳を当てると水の流れる音が聞こえるとか、右の森の絵は見ているだけで、
小さいけれど力強い水の音が聞こえてきそうです。

c0267692_16392840.jpg


2Fは “スタジオkuri” の石鹸や鳥のお店です。昨晩、kuriさんのライブがあった事を聞き、
残念がったら「来年もやるから来てね」と言われました。先の長い話です。
ますます聞きたくなりました。

流れていたティンホイッスルの音に心を奪われ「リコーダより穴が少なくて簡単だよ」と
言われ購入しました。低い音は「ホーッ」 高い音は「フーッ」 なかなか難しい。。。
上手くなるまでには時間がかかりそうです。

c0267692_1728229.jpg


鳥のモビールも買いました。この鳥のお話は “もっちー” さんのブログに詳しく
書いてあります。 窓辺に吊るしました。鳥も影も美しいです。

c0267692_17155282.jpg

[PR]
by hinageshi1128 | 2013-10-27 22:17 | 本・アート・音楽・映画・演劇 | Comments(0)

「横須賀ちっちゃな文化展」 10月27日

「遠州横須賀街道ちっちゃな文化展」は今年15回目。始めて行きましたが、
ちっちゃくなく、いろいろな意味で大きな文化展でした。
文化展の内容は “花咲” さんのブログに詳しくつづられています。

こんなカワイイ布バッグ発見 ! !

c0267692_22312048.jpg


一番最初に向かったのは “フラッシュモブ”という皆で空を見上げるイベントです。

c0267692_22334413.jpg


横須賀は古い建物がたくさん残っていて、好きな景色がいっぱいあります。
そのひとつが “瓦屋根”。

c0267692_22355963.jpg


いつも使っている “栄醤油” の醤油を作る蔵の屋根。

c0267692_2238079.jpg


郵便局の屋根には “〒” マークがあります。

c0267692_22422031.jpg


超おしゃれな “波の形の瓦”

c0267692_22431591.jpg


まだ営業しているのでしょうか?床屋さんです。

c0267692_2238270.jpg


街で一番おしゃれな建物だった・・・かな? モダンな床屋さん。

c0267692_22392033.jpg


型板ガラスからは柔らかな光がさし込みます。

c0267692_22465753.jpg


いたずら書きが残っています。

c0267692_22464055.jpg


暗い蔵の窓 光と影のコントラストが美しい。

c0267692_22492111.jpg


窓から覗いてみた窓。

c0267692_22513092.jpg


大好きなタイル ! ! 元医院の玄関 まるでアート。

c0267692_22535291.jpg


戸袋がヘリンボーンとはおしゃれです。

c0267692_22535397.jpg


天気の良い日は影がくっきり。

c0267692_2256471.jpg


影絵。

c0267692_22572894.jpg


影もアート。

c0267692_2391170.jpg


遠い記憶・・・。

c0267692_22584858.jpg


レトロな書体の黒板・・・いえ緑板。ということはあまり古くないのかな?

c0267692_2312431.jpg


定番の琺瑯看板。

c0267692_2383659.jpg


栄醤油さんのかわいい暖簾。製造内容は “aikoro”さんのブログに詳しくつづられています。
昔ながらの製法で作られた醤油は本当に美味しい。

c0267692_2314692.jpg


ということで好きなもの並べました。
[PR]
by hinageshi1128 | 2013-10-27 20:24 | レトロ | Comments(0)

「写真アプリ」 10月24日


写真をスマートフォンで撮影し、ブログに投稿した記事をパソコンで見ると、横になって
しまうとか…。アプリを使い縦に保存すると良いとか、試してみてください。
私は、無料アプリ “PS Express” をダウンロードし加工をしてみました。
ただしAndroid用には日本語版がありますが、i OS用には英語版しか有りません、残念。

春の光にして、額縁を付けました。

c0267692_22224760.jpg


レトロさを強調。

c0267692_22224866.jpg


明日の広告デザイン科のカラーの授業は、一番好きな項目の「色名」です。日本語の
伝統色名は歴史や命名の由来、そして漢字の奥深さも含めてとても素敵な文化だなと思います。

今日ラジオで人権の話しをしてました。その中で “エボニー&アイボリー” が流れていました。
エボニーは黒檀、アイボリーは象牙です。ピアノの黒鍵と白鍵がハーモニーを奏でるように
人種を超えて…というメッセージが込めらているようです。





そこで、お気に入りのカラーのサイトを紹介します。
“color dic”は、いろいろなカラーの項目があって楽しめます。

“クリエイターボックス”は、web中心ですが参考になります。

“配色の参考”には、配色に役立ついろいろなサイトが紹介されています。

“色の万華鏡”は、染色家の吉岡幸雄さんが監修されているサイトです。

“色と遊ぶ”は、その名の通り、いろいろ楽しめます。

最後は “オーラソーマ” で今の気持ちを確認してみませんか?読んでみると、なかなか難しいですね。 こち
らも “オーラソーマ” です。 オーラソーマはボトルを見ているだけでも気持ち良いですよ。
[PR]
by hinageshi1128 | 2013-10-24 22:01 | 広告デザイン科 | Comments(0)

「写真集」 10月20日

昨日はあちこちお出かけしましたが、最後に寄ったのが “KAGIYAビル” です。
時を経たドア、人の出入りの記憶。

c0267692_1013554.jpg


4階のギャラリーで開催されている “川内倫子 写真展” の案内です。

c0267692_23285959.jpg


点数は少ないですが、川内さんの撮った東北は青みがっかた優しい光に包まれています。
3階の “Books and Prints” はカメラマン若木信吾さんのお店。
そこで、川内さんの写真集を買いました。 写真が語りかけてくるような・・・
そんな本です。

この写真集を買う前に “BRUTUS/ほめられる写真” も買いました。
写真が趣味でも、一眼レフを持っているわけでもありませんが、
そんな気分の日だったのでしょうか。

c0267692_23433366.jpg


“ほめられる写真” の中に篠山紀信さんの 「ほめられる写真を撮ろう!」という
文章がありました。

「ぼくが何故写真を撮っているかというと、ほめられたいからだと思う・・・中略・・・人を喜ばせ、喜んでもらえる写真だけを撮ってきたように思う。」

天才は自分の思うままに作品を描き、撮ってきたのだと思っていましたが、
ほめられる、喜んでもらえる事ってとても大切なことなのですね。

その文を読んでから“ほめられる”を意識して撮ってみました。
ほめてもらえるでしょうか・・・。

名古屋港のちょっと工場萠な風景です。

c0267692_17413125.jpg


すこし幻想的で蜃気楼の雰囲気です。

c0267692_17423912.jpg


夕方から夜に入った時間、群青色の空が撮りたかったのですが・・・
ちょっとシュールで無人な感じが気に入っています。

c0267692_1744357.jpg



今日の中日新聞に、やなせたかしさんの本が紹介されていました。
選者は幅さん(ブックデザイナー)です。なんだかやなせさんの本が読みたくなりました。
そして、アンパンマンのアニメも見たくなってきました。

c0267692_23521315.jpg


アンパンマンと川内倫子写真展が並ぶボード、なんかバラバラです。でも好きなものいろいろも楽しいかな。

c0267692_10153856.jpg

[PR]
by hinageshi1128 | 2013-10-20 23:53 | 本・アート・音楽・映画・演劇 | Comments(0)

「はままつ出世門松の展示」 10月19日

浜松商工会議所開催 “ふるさとフェスタ” 会場に展示されている “はままつ出世門松”を
見にいきました。

c0267692_22482192.jpg


広告デザイン科の生徒の作品はなかなかの力作でした。
浜松の特産品が盛りだくさんの Yさんの門松。ゴージャスで上品な作品です。

c0267692_22503166.jpg


ピアニカが並んだポップな Kさんの門松。 私は一票投じました。

c0267692_2252213.jpg


浜松といえばウナギ。とてもチャーミングな Oさんの門松です。

c0267692_22535816.jpg


まるで竜宮城のような Uさんの門松。エナメル風ぬいぐるみのウナギがおしゃれです。

c0267692_22571910.jpg


広告デザイン科の生徒の作品ではないですが、まんまるな家康君がキュート!完成度が高いですね。

c0267692_12282831.jpg


次に訪れたのは、広告デザイン科の修了生が主宰したイベント “秘密の前夜祭” です。

c0267692_2304968.jpg


会場は駐車場の8階です。下の階はパーキングですが、ここはイベント会場として使われています。

c0267692_2323365.jpg


名残があれこれ。

c0267692_2331464.jpg


広告デザイン科の生徒 Yさんがキュートな猫を描いてもらっていました。

c0267692_235581.jpg


優しいろうそくのあかりがゆらゆら・・・パステルカラーの球体ろうそくを買いました。

c0267692_2385861.jpg


この自転車はコーヒーミルで、自転車を漕いでコーヒー豆を挽きます。
自転車で挽いたコーヒーにも惹かれましたが、ジンジャードリンクを飲みました。
ここ数年ジンジャーはマイブームですが、この味は新鮮で刺激的 ! !

c0267692_2314920.jpg


出展者とおしゃべりしたりと交流も楽しみのひとつです。
閉鎖的なような、開放的なような不思議空間でした。
[PR]
by hinageshi1128 | 2013-10-19 22:32 | 広告デザイン科 | Comments(2)

「カラー&ベーシックデザイン」 10月18日


色を扱うのは感性だけでは難しい、特にデザインする上で理論は大切です。そこで登場するのが、
カラー基礎学習の必需品 “色立体” 色の地球儀のようなもので色の全体感、
色と色の位置関係が把握できます。 完結したものは美しい・・・と思う。

c0267692_21451571.jpg


中日新聞日曜版に “色彩理論を取り入れた画家たち” と題した大図解が掲載されていました。
たまたま今日のカラーの授業内容とぴったり合っていました。
学校の教材用に作っているようですが、とても分かりやすくて使える図解です。

c0267692_21553770.jpg


作業台の上に紙が散乱? 実は “素材” 集めの授業です。

c0267692_2212848.jpg
 

集めた素材はイメージスケールに配置して、解説を書きます。

c0267692_22388.jpg


こちらは “具象/抽象” がキーワードのイメージスケールです。

c0267692_2265077.jpg


出来上がった作品は、皆で見て参考にします。

c0267692_2275881.jpg


積み上げられた本は読書会用の本で、1人4冊ずつ持ってきました。
感想は付箋に書き本に貼ります。 地味な本は付箋が1枚も貼られてなくて少し淋しそう。

c0267692_22185274.jpg


4冊の中から1冊選び、書店員になってPOPを書きます。 が、その前に
書店員さんの気持ちになれるよう、書店員アンケートを記入します。
お気に入りの本屋の記入欄もあります。 静岡市のフリペ “すろーかる” に載っていた
“水曜文庫” も登場していました。

c0267692_2223415.jpg

[PR]
by hinageshi1128 | 2013-10-18 21:32 | 広告デザイン科 | Comments(0)

「広告デザイン科」 10月17日

明日は2回目のブログの授業です。 広告デザイン科の先輩達を紹介します。

1人目は有楽街の 猿蟹本舗” で、美味しいおにぎりを握っている先輩です。
販促にも力を入れてます。街に出たら是非寄ってあげて下さいね。 

2人目は、最近 “womo” のハマ男で紹介された “55634” さんです。
レトロな “KAGIYAビル” に事務所があります。 同じビルにカメラマンの “若木信吾さん”の
本屋さんもあります。 他にギャラリーもあり、とても素敵な空間ですよ。

3人目は “マツヤマデザイン”さんでデザイナーをしている先輩です。
エレガントで素敵な女性です。

4人目は、掛川の “ステーショナリーカフェ konohi” さんです。
のどかな田園風景の中にある昭和の住宅カフェです。
心地良いとはこんな場所のことかな・・・。

5人目は、印刷会社でデザイナーをしている “ishiku” さんです。
これから勉強して行く中で、悩んだ時に読むと励ましてくれそうですよ。

6人目は “エンジェルデザイン” さんでデザイナーをしていた先輩です。

7人目は、写真スタジオ ルナ・ソーレ” さんでデザイナーをしている先輩です。
アルバムの制作をしているそうです。

まだまだいますが、今日はここまでにします。これからの進路の参考にして下さい。
[PR]
by hinageshi1128 | 2013-10-18 00:23 | 広告デザイン科 | Comments(0)

「蔵 ! ! 時々発見」 10月14日


友達の家の近くで、タイルの蔵を発見しました。 レンガ風ですが釉薬がかかったタイルです。

c0267692_21234264.jpg


いつもと違う道を通ると・・・出会い ! ! 有玉町で伊豆石の蔵発見です。

c0267692_21314799.jpg

[PR]
by hinageshi1128 | 2013-10-14 21:27 | レトロ | Comments(0)

「富士山の絵画展」 10月13日


静岡県立美術館で開催されている “富士山の絵画展” に行ってきました。
信仰の山としての富士山、大胆な水墨画、シュールな油絵、清々しい富士山などいろいろ・・・
どれもが富士山への思いがいっぱい入っていて楽しい絵画展でした。

1番のお目当ては “横山大観の群青富士”。大胆で明快、ウン!!と言わせる
強さを感じます。 素朴な疑問は、富士山は群青に見えたのだろうか? 
そして、いきいきとなるように補色に近い金を使ったのだろうか?
逆かな・・・金が先にあり、お互いを引き立てるよう群青が選ばれたのかな?

青が群れると表現する群青色は、大好きな色名です。もちろん色としても好きです。

c0267692_22135232.jpg
 

残念な事に群青富士の絵はがきは売り切れだったので、付箋を買いました。

c0267692_2215466.jpg


西洋美術館の屋外で見るロダンは力強くて感動しますが、ここで見るロダンは
天井からの光を受け奇麗で感動します。 “地獄の門”。

c0267692_2229780.jpg


ロダンが参考にしたと言われる “ダンテの神曲・地獄篇” が織り込まれています。

c0267692_22312832.jpg


そしてマッキントッシュの椅子。座面は小さいですが、思ったより座り心地は良いです。

c0267692_22334016.jpg


静岡ホビースクエアで開催されている “ミニチュアの家展” にも寄りました。

c0267692_2238417.jpg


憧れていた小島隆雄さんの作品を始めて見る事ができました。
店舗設計の仕事をしていただけに、とてもリアルで甘くないところが素敵です。

c0267692_22414876.jpg


ずっと昔、ドールハウス作りに夢中になっていた頃のわくわく感を思い出しました。
村上一昭さんの作品は “大草原の小さな家” の世界そのものなのが魅力です。
また作りたくなりました。

c0267692_22455392.jpg

[PR]
by hinageshi1128 | 2013-10-13 22:25 | 本・アート・音楽・映画・演劇 | Comments(0)

「sou-sou x UNIQLO」 10月12日

ユニクロとsou-souがコラボしたヒートテックが今日は ¥990 早速買いに行きました。
京都のsou-souで買った手拭いと、富士山の絵が入った布で手作りしたバッグで
コーディネートしました。 トルソーが着ていると可愛いけど。。。

c0267692_21514080.jpg

[PR]
by hinageshi1128 | 2013-10-12 21:38 | My favorites | Comments(0)
line

レトロなものが好きで西洋館巡りや、四季を感じるオーガニックライフを楽しんでいます。


by ひなげし
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31