ひなげし日記

hinageshi3.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

「色散歩再開です」 6月30日


今日で6月も終わり。そして、やり残した事だらけで半年が終わります。

ご近所の庭で “ノウゼンカズラ” が満開です。オレンジが夏って感じですね。

c0267692_20501699.jpg


広告デザイン科の皆さんへ。
色散歩を再開します。と言ってもメンバーが変わっているので、皆さんは初めてですね。

テーマは【色散歩/オレンジ】 7月8日迄にブログにアップしてください。
オレンジのイメージといえば “暖かくて、ファミリー” ですね。

c0267692_20515483.jpg


解説もお忘れなく。
[PR]
by hinageshi1128 | 2014-06-30 20:52 | カラー&デザイン | Comments(4)

「アンサーソング?」 6月26日


今日は、広告デザイン科の課題「イメージコラージュ」の発表をしました。
イメージ語に合わせて雑誌を切り抜き再構築をします。コラージュに合ったストーリーも
考えます。一生懸命考えても、読むのはちょっと恥ずかしそうですね。

c0267692_22335161.jpg


生徒のRさんとの今日の会話です。
Rさん「どんな音楽を聞きますか?」
私「うーん、いろいろ」(正直、音楽通では無く、深く聞き込んでいるジャンルも無く)
私「Rさんは?」
Rさん「うふっ(と聞こえたような)。アイドルです」
私「・・・」

胸にひっかかる音楽が好きで、心地よかったりリラックスできたりするのは案外苦手かな。
今日気になる曲は「Don't Stop」。映像もかっこいい!
授業参考用に作っている、ZINEの吹き出しに使おうかと思っている言葉だから。





皆さん、「Don't Stop」 ですよ!!




[PR]
by hinageshi1128 | 2014-06-26 23:03 | 広告デザイン科 | Comments(1)

「乙女デザイン展」 6月23日


常葉美術館に行ってきました。
まずは、古民家お好み焼屋「おもいでの家」でランチ。隣はギャラリーです。

c0267692_2156549.jpg


ギャラリーで展示している織物や、フエルト作品を作っているアトリエもありました。
庇の上で気持ち良さそうに寝ている、泥棒顔の猫ちゃんです。

c0267692_2214867.jpg


すごい坂の上にある中学と高校、遅刻しそうな時は辛いだろうな・・・。
学校と同じ敷地にある美術館。館内でも始業のベルが聞こえます。

「加藤まさをの乙女デザイン展」が開催されています。

c0267692_2263329.jpg


加藤まさをは藤枝市出身で、大正時代の代表的な抒情画家の一人です。
イラストレーターでデザイナー「月の砂漠」を作詞したりと多才な人だったようです。

絵はがきや封筒も、たくさん展示されていました。
大切な人に送る絵はがきを選ぶ。宛名を書き万年筆で文を書く。切手を貼る。。。
書く事がとても大切にされていた時代だったのですね。

で、私も手紙が書きたくなったので、友達2人分の絵はがきを買いました。
そして、万年筆が欲しくなりました。最近ブームですし。。。

c0267692_22231636.jpg


今よりずっとガーリーで、可愛い大正乙女デザインにうっとりです。
[PR]
by hinageshi1128 | 2014-06-23 22:27 | 本・アート・音楽・映画・演劇 | Comments(3)

「日本の伝統色」 6月21日


きのう仕事帰りに歯医者に寄りました。待っている間 見ていた “Casa” に
“秋田伝統色を配した秋田新幹線” の記事がありました。

c0267692_234593.jpg


車両の茜色は、なまはげなどの秋田のイメージカラーとか・・・他の部分にも、
秋田らしい色が使われているそうです。そして車両の名前は何と「こまち」です。

c0267692_2374819.jpg


その日授業で取り上げた「和の研究」の続きみたいです。

歯医者のナチュラルガーデンで、カワイイきのこ発見!念願の i phone 逆さ撮りです。

c0267692_2315428.jpg


田圃は明るく見えていましたが、撮った写真はモノクロームになりました。

c0267692_2318275.jpg


これから秋まで、田圃の風景が楽しめます。
[PR]
by hinageshi1128 | 2014-06-21 23:20 | カラー&デザイン | Comments(0)

「和の研究」 6月19日


広告デザイン科の皆さんへ。「和の研究」参考サイトです。
1、「日本文化のたった1つの特徴が・・・」
2、「日本文化の特徴」
3、「自然であろうとする「日本文化」の特性」
4、「文様」
5、「浴衣の柄の意味」
6、「かまわぬてぬぐい」

スペシャルサイトです。
1、「Japaaan」タグ/アート・ファッション・デザイン。日本の伝統文化と”今”をつなぐ再実感マガジン
2、「遊中川」奈良の人気雑貨ブランド
3、「HASAMI」中川がブランディング
4,「sousou」新しい和の世界。和と北欧が融合したテキスタイル


「和」とは・・・。
1、「千住博 Vo.2 Vo.3」2014.1/3 2/3 3/3






[PR]
by hinageshi1128 | 2014-06-19 23:17 | 参考サイト | Comments(0)

「散歩で出会ったもの」 6月19日


初夏の公園は黄緑から緑へ。

c0267692_2212414.jpg


ナチュラルシーケンスは、光が当たった葉は黄緑に、陰の部分は青緑に見える現象です。

c0267692_2263444.jpg


ハルジオンorヒメジォンの群生です。ハルジオンの花言葉は「追想の愛」とか・・・。

c0267692_2284846.jpg


ピンクがきれいな紫陽花。最近は、額紫陽花がお気に入りです。

c0267692_229333.jpg


Kさんから教わった “やまもも” 公園にいっぱい実がなっていました。

c0267692_22104470.jpg


公園の次は小さな神社です。i phone逆さ撮りしました。意味はなかったようですが。

c0267692_22123914.jpg


神社の階段ですごいもの発見!ゴロゴロ転がったやまももです。
階段全部に転がっていて、じゃりじゃり踏みながら登りました。

c0267692_2214571.jpg


ブログ2度目の登場の近所の猫ちゃん。顔はどこだろう・・・?

c0267692_22163520.jpg


キュウリが実り始めました。花も残り、とげとげもあったので記念撮影しました。

c0267692_22194358.jpg


今時は、日が長く気温も程よく、散歩が楽しめます。
[PR]
by hinageshi1128 | 2014-06-19 22:23 | ナチュラルライフ | Comments(2)

「寄り道」 6月13日


今年3月に、ベルリンでアート展をされた知人の話を聞きに行きました。

ドイツの食べ物、飲み物持ち込み歓迎とのことなのでパン屋さんに寄りました。
緑がいっぱいで、チョークサインがかわいいお店です。

c0267692_1632738.jpg


予想通りドイツパンはありませんでした。フランス系はスーパーでも売っていますが、
ドイツパンのお店は少ないですね。中庭でパンをいただきました。

合歓が咲いていました。形容したら「かわいい煙のような花」かな・・・。
家の庭の合歓の花を、近所の方が「夢ってかんじの花だねー」と言ってくれたのを
思い出しました。庭の合歓はいつのまにか絶えていました。

c0267692_16423486.jpg


会場の “鴨江アートセンター”のエントランス。穏やかな光に包まれた空間です。

c0267692_16502160.jpg


ドイツパンは持って行けませんでしたが、ドイツ料理が用意されていました。
味は酸味が特徴で、ビールに合う味付けかも?という意見も出ていました。
美味しいお料理を食べながら、写真を見てお話を聞きました。ごちそうさまでした。

世界中の若者アーティストが、旧東ベルリンに集まっているそうで、
ベルリンにはドキドキワクワクがいっぱいあるそうです。
ヨーロッパは伝統を守る所だから、伝統的な場所より一度壊れた場所の方に
アートが生まれるのでは、という声もありました。

ヘレニズム文化のものを集めた、美術館(名前は忘れましたが)の映像もありました。
大英博物館やルーブル美術館と同じように、戦利品ということです。
神殿の階段まであってびっくりしました。どうやって運んだのでしょう・・・?
そのエネルーギに感服です。よっぽど欲しかったのですね。

外に出ると光がきれい。ホッパーの絵のような寂しい情景です。

c0267692_17145380.jpg


人が居るのに気配が感じられない、ホッパーのダイナーの絵に惹かれます。

c0267692_17253251.jpg


一方で、アメリカ映画に登場する陽気なダイナーにも憧れます。
“コカコーラを飲みながらサンドイッチ食べる” やってみたい。。。
[PR]
by hinageshi1128 | 2014-06-13 23:00 | 本・アート・音楽・映画・演劇 | Comments(2)

「ハンドレタリング2」 6月10日


昨日、鰻を食べに行きました。

c0267692_2142569.jpg


ロゴが良い感じです。和風ですが、和風過ぎず。技巧的ですが、わざと過ぎず。
存在感はありますが、主張し過ぎず・・・、ハンドレタリングが魅力的です。

ランチョンマット(紙)の、ホワイトスペースが程よい緊張感を生み、
そして、右上の “うなぎ” と左下の “落款印風” がバランスを取って、ロゴを
よりいきいきと見せている気がします。

c0267692_21262227.jpg


創業は明治25年の老舗です。名前は知っていましたが初めて行きました。
鰻はあっさりしていて、とても美味しかったです。
[PR]
by hinageshi1128 | 2014-06-10 21:31 | カラー&デザイン | Comments(2)

「双葉より芳しい人」 6月9日


ミュージシャンの佐野元春と、漫画家の浦沢直樹がNYを旅する
「僕らのボブ・ディランを探して」という番組を見ました。
2人とも中学生の頃ボブ・ディランに出会い、人生を左右される程影響を受けたとか。

ボブ・ディランはノーベル賞の候補にあがるほど、詩人としての評価も高いそうで、
そんな彼に影響を受けて、中学生の頃から詩を書き始めた佐野元春のノートです。

c0267692_20444797.jpg


詩の内容もさることながら、レイアウトの美しさに感心。右下はボブ・ディランの
似顔絵とか・・・。最近まわりでセンダンが話題になっていたせいか、思わず
つぶやきました。「“栴檀は双葉より芳しい”とは、こういう事なんだ」と。

誰でも中学2年生、ティーンエイジャーの頃にはカルチャーに目覚めるものです。
私も映画や音楽、文学に目覚めました。詩を書いて投稿したりしましたが、
すぐに気がつきました。自分も感動できない詩は、誰も感動しないと。。。

ディランを超えたいという思いの、ハンドレタリングの「OVER “BOB DYLAN”」。
このページは、熱いけど暑苦しくないスマートさが出ていて再び感動です。

c0267692_15242680.jpg


ボブ・ディランのミュージックビデオにも驚きました。当時は歌詞字幕が入らないので、
単語の羅列の歌詞をめくっているのです。発想が斬新でハンドレタリングが
クールだな、と再び感心です。

c0267692_21162292.jpg


左に写っている男性は、ビートニクスの詩人のアレン・ギンズバーグです。
佐野元春はNYに住んでいた頃、彼の前で詩を朗読したことがあるそうです。

感心と感動の繰り返しの番組でした。

ハンドレタリングと言えば、マガジンハウス系の雑誌で(pop eyeとGINZAだけですが)
最近、手書き文字を目にします。

「ショップやカフェなどで増えてきた手描きのサイン。何げない文字が抜群にクール。」
と紹介された、サインペインティングの講座のページです。

c0267692_21242362.jpg


別の号には、“チョークレタリング”が紹介されていました。

c0267692_21325728.jpg


パソコンでさっと作れるレタリング、しかも手描き風文字まである時代ですが、
やはり、ハンドレタリング文字はチャーミングです。
活版印刷や孔版印刷など、質感が感じられる文字は魅力的だなと感じます。

久しぶりに筆を握ってみようかな・・・と思いだけはありますが。
[PR]
by hinageshi1128 | 2014-06-09 21:58 | 本・アート・音楽・映画・演劇 | Comments(2)

「焼津&久能山」 6月3日


6月1日 焼津〜久能山に行ってきました。

重要伝統的建造物保存地区に県内で初めて選ばれた、焼津の「花沢の里」です。
保存地区のイメージは城下町、宿場町、門前町などで観光地が多い気がしましたが、
ここは、昔ながらの山間の村落でした。

c0267692_2151794.jpg


観光客より、ハイキングをする人を多く見かけました。

c0267692_2152111.jpg


緩い坂と小川、木々の緑、石垣の上の家、黒塗りの下見板張り、、、のどかです。

c0267692_220141.jpg


三角形は明かり取りでしょうか?

c0267692_2232413.jpg


門なの?家なの?・・・長屋門でした。こんなに家っぽいのは初めて見ました。
農作物の作業場や、農作業を手伝う人の宿泊所として使われていたそうです。

c0267692_2275117.jpg


長屋門の奥は庭カフェでした。コーヒーが美味しい理由は、水がおいしいからですね。

久しぶりに大崩海岸の海の上の道を走りました。次元の違う場所を走っているようで
とても気持ちが良いです。この道の先の小高い場所に立つ “カフェダダリ” に
向かいました。

c0267692_22243070.jpg


元外国人の別荘で、知ったのは最近ですが、ずっと前からあったようです。

c0267692_22265798.jpg


窓から見える海。波の音と鳥の鳴き声しか聞こえません。

c0267692_22282641.jpg


最後は、久能山東照宮です。急な石段を20分登ると聞き、軟弱者の私は日本平から
ロープウェイで行く事にしました。

c0267692_2231125.jpg


塗り替えられてから、時間が経っていないので、黒漆が美しい国宝の本殿。

c0267692_22345498.jpg


黒背景でより鮮やかに感じる彫刻。特に群青色が印象的でした。

c0267692_22363667.jpg


登呂遺跡と三保の松原も行きたかったのですが、次回のお楽しみです。
[PR]
by hinageshi1128 | 2014-06-03 22:38 | 旅&お出かけ | Comments(6)
line

レトロなものが好きで西洋館巡りや、四季を感じるオーガニックライフを楽しんでいます。


by ひなげし
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30