ひなげし日記

hinageshi3.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「Little Press」 12月24日


広告デザイン科の課題「Little Press」は、ZINEや小冊子を集める事から始めます。
東京とかだとZINE専門店がありますが、浜松ではなかなか手に入らないようですね。


c0267692_12092161.jpg



この課題は今回で2回目です。前回はA6サイズ、今回はCDサイズを予定しています。
私も紙質を変えて2冊作ってみました。「ミニトルソースタイルブック」の表紙と裏表紙です。


c0267692_13114746.jpg





2013春夏のトレンドは「幾何模様とカラフル」。紙のミニワンピースにマーカー着色。
紙素材は簡単で楽しいのですが、トルソーになじまなく写真を撮るのがむつかしいです。


c0267692_12093476.jpg



靴下は価格が安い上、トレンドや季節感を押さえていて、しかもトルソーの形になじみます。
ポイントは、お人形の服にならない事です。


c0267692_12093921.jpg



表紙と裏表紙を合わせて16ページですが、制作に時間がかかりました。
多くの人の手と多くの時間がかかる本制作、想像しただけで気が遠くなります。

広告デザイン科の皆さんは、どんな作品を作ってくれるのでしょうか。楽しみです。



  ***************







[PR]
by hinageshi1128 | 2014-12-24 12:57 | 広告デザイン科 | Comments(0)

「豊川ライブ」 12月21日


2週続けて愛知県へ。昨日は豊川に行ってきました。
豊川と言えば豊川稲荷が有名です。鳥居のイメージでしょうか、大胆な赤の鉄骨に目を奪われます。


c0267692_11273014.jpg



もちろん狐も出迎えてくれます。稲荷なので神社かと思っていましたが、ここは実は寺院だったのです。


c0267692_11273667.jpg



時間がないので豊川稲荷は次の機会に。今日の一番の目的はライブです。
地元愛知や静岡県、関西からアメリカンフォーク系の音楽好きが集まりました。
いろいろな人が交代で演奏し、最後は皆でセッションです。

私の一五一会(4弦ギター)の師匠は、アイリッシュを沖縄語で歌うチャンプルフォークです。


c0267692_11274382.jpg




真ん中の楽器はオートハープ。他にバンジョー、マンドリン、カホン、リコーダーなど、、、
皆で演奏してもアコースティックな音は体になじんで心地よいです。


c0267692_11274959.jpg



皆で楽しく演奏をしている姿は、フォークソングの本来の形を見ているようです。
歌で大変な仕事を励ましたり、慰めたり、また皆で楽しんだりと。

日本にも労働歌はたくさんありますが、我が家で飲んでいる日本酒の「寺田本家の仕込み歌」
聞くと “思いを込めてものを作る” ことを大切にしなくてはと感じます。



  ***************







[PR]
by hinageshi1128 | 2014-12-22 12:10 | カルチャー・アート・音楽・映画 | Comments(0)

「豊橋レトロ」 12月17日


仕事でお付き合いをさせていただくことになった豊橋市・・・ですが、
記憶では、駅に降りたのは2回だけかも。ということで、視察に行ってきました。

大名の宿「二川本陣」。江戸時代末、東海道五十三次の33番目の宿場。


c0267692_14241973.jpg



左手に多くの部屋が並んでいます。古い街並があるのですが、今日はあまりの寒さに散策は断念。


c0267692_14242464.jpg



穴を隠すための飾り?家紋のようです。意匠へのこだわりが、日本家屋見学の楽しみの一つです。


c0267692_14243076.jpg



豊橋市役所13階からの眺め。市役所は自然がいっぱいの豊橋公園の中にあります。
この階にはイタリアンレストランがありますが、残念な事に今日は貸し切りでした。


c0267692_14243513.jpg



豊橋と言えば路面電車です。待っている時は、なかなか来ません。


c0267692_14244150.jpg



昔の電車の写真で代用します。浜名湖の文字が気に入りました。


c0267692_14244554.jpg



国1沿いに建つ昭和6年建造の「豊橋市公会堂」。現役です。設計は浜松出身の中村與資平。
見えた瞬間、感動しました。豊橋市民はさりげなくいつも見ているのですね。


c0267692_14245547.jpg



大正2年建造の「豊橋ハリスト正教会」。国重要文化財指定。ビザンチン様式。
窓のディテールや、ペンキ塗りの木の壁面など、とても可愛い教会です。


c0267692_14250765.jpg


遠くの山々、路面電車、公園、レトロな建物が風景をつくっている。豊橋は素敵な街でした。



  ***************








[PR]
by hinageshi1128 | 2014-12-17 15:05 | レトロ | Comments(0)

「書体散歩/和風」 12月11日


広告デザイン科の皆さんへ、
「書体散歩/公共性のあるもの」レポート、お疲れ様でした。

皆さんのレポートは予想通り、ゴシック体と丸ゴシック体が多かったですが、
その中でも、太ゴシックや細めゴシック、デザインされたゴシックなど
目的に合わせて使われている事が分かりました。

また、マンホールが目的別にいろいろ、そしてデザインもいろいろあることも
発見でき楽しかったです。

さて、今回のテーマは「書体散歩/和風・商業編」です。

切り絵風。レトロな建物のレトロ看板です。

c0267692_2210387.jpg



懐かしくて新しい、明朝体のアレンジ・・・? 

c0267692_22133089.jpg



看板が多くなると思いますので「和風ロゴ」OKです。
件数は2〜3点、解説も付けてくださいね。期限は12月23日です。



  ***************





[PR]
by hinageshi1128 | 2014-12-11 06:00 | 広告デザイン科 | Comments(0)

「励まされる」 12月10日


授業で制作したミニトルソーを、階段で撮影していたら声をかけられました。

「何しているんですか?」
『皆の作品の写真を撮っているの』
「何にするんですか?」

実は記録用に撮っていたのですが。。。

『プリントして皆にあげようかと・・・』
「楽しみに待っています!」

励まされました。いつも生徒を励ましていると思い込んでいましたが、
励まし、励まされているのだと気付かされました。

声をかけてくれた生徒の作品です。

c0267692_16594856.jpg



課題テーマは【和モダン】。水玉と梅が良いね、とアドバイスしましたが。
ドットとフラワーになっていました。まー愛嬌ということで。

人気和テイストブランド “sousou” を意識した作品です。

c0267692_1732851.jpg



縦縞と市松の和テイスト+カラフルなフラワーで、一応sousou風ですね。

京都のsousouで買った手拭の端切れです。

c0267692_17313663.jpg



最近、インスパイアと真似の違いに悩んでいます。そんな私が生徒に
「インスパイアされて作品を作ろう」と言っているから、生徒は掴めないんですね。



  ***************





[PR]
by hinageshi1128 | 2014-12-10 17:15 | カラー&デザイン | Comments(0)

「ひなげしブローチ」 12月7日


掛川美術館巡りの途中で「stationery cafe konohi」さんに寄りました。
二階の窓からは、のどかな田園風景が見え、天浜線がコトコト走っています。


c0267692_15115768.jpg



日記名の「ひなげし」ブローチがステーショナリーと並んでいました。
銀製ではなく、陶器に銀を焼き付けたものとか。最近ブローチブームです。


c0267692_15120221.jpg



一緒に買った「本のある場所」。行きたくなる場所ばかり。でも沼津は遠いな・・・。


c0267692_15121241.jpg



「konohi」さんも紹介されています。


c0267692_15121715.jpg



ゆっくり時が過ぎていく場所で、姉妹の笑顔に癒されます。




  ***************








[PR]
by hinageshi1128 | 2014-12-07 15:32 | My favorites | Comments(5)

「こころに響く歌声」 12月3日


掛川で美術館巡りをしました。

自然の中にある「ねむの木こども美術館」では、友禅染め展が開催されていました。


c0267692_21573858.jpg



たまたま居た「ねむの木合唱団」の人達から歌のプレゼントをもらいました。

数日前の「宮城まりこさんの前で歌う合唱団」です。私達は宮城さんの居た場所で聴きました。

私達6人のために一生懸命歌ってくれている・・・優しい光に包まれたホールに響く歌声に、
体の中から自然に感動がわいてきました。

続いて「資生堂アートハウス」。ロゴが美しい。


c0267692_21574418.jpg



資生堂の意匠部にも在籍していた「小村雪岱展」。余白の美しさ、凛とした人物、
まっすぐな線など、日本画の中にデザイン的要素が感じられます。


c0267692_21575086.jpg



デザイナーだった友人と、まっすぐな線はどう描いたか・・・?談義になりました。
結論は「ガラス棒(当時は真鍮棒か竹の小筆反対側かも)に溝引き物差しだね・・・」でした。

アートハウスの隣にある「資生堂企業資料館」にも寄りました。
化粧品デザインからポスターやCMまで、明治から現在までの資料が揃っています。

パッケージやポスターデザインはもちろん魅力的ですが、特に資生堂の美しい書体には心魅かれます。

「資生堂書体/美と、あそびま書。」は、短い映像ですが、惹き付けられる答えがありました。








  ***************






[PR]
by hinageshi1128 | 2014-12-04 22:00 | カルチャー・アート・音楽・映画 | Comments(0)

「ほめてもらう」 12月2日


土曜日に「楽X学 2014」が、静岡文化芸術大学で開催されました。
落ち葉は美しいですが、土に帰らない場所では掃除が大変です。


c0267692_15260439.jpg



いろいろな講座がありましたが、私は「鈴木重子さんと片岡祐介さんのトーク&ライブ」に参加しました。
重子さんは、美して背が高くて頭も良くて歌もうまい・・・でも大変な時期もあったそうです。
印象に残った言葉は「自分を信頼して」「自分を励まして」「何か新しい事を始めませんか」です。

いい言葉だな・・・「自分を信頼する 励ます」 自分を大切にしなくては。。。

片岡祐介さんは、子供や障害のある人達と即興で音楽を作っているそうです。
子供たちにかける言葉は「それイイネ」「それどうしたいの?」だそうです。


c0267692_15260925.jpg



「誉められてのびるタイプ」って言葉は、あまり好きではないですが、
自分がしている事が、良いのか悪いのか分からなくて不安になる時があります。
そんな時「ほめて」もらえたら、ちょっと安心。指針になります。
適当に誉めるではなく、適正に誉めていきたいなと思いました。

一番楽しかった曲は、「遠州からっかぜ踊り」。浜松の住人なら「ある!ある!」な歌詞でした。




  ***************






[PR]
by hinageshi1128 | 2014-12-02 15:50 | カルチャー・アート・音楽・映画 | Comments(2)

「帝国ホテル」 12月1日


明治村は1丁目〜5丁目まであり、正門がある1丁目から歩いてゆき最後に5丁目の帝国ホテルで
クライマックス・・・。とストーリーが作られてる勝手に推測しました。

が、駐車場口から入ると始めに帝国ホテルが目に入り、感動はやや薄れる感はあります。
と言いつつ、やはり感動的。


c0267692_12143902.jpg



内部に施された彫刻が遺跡に迷い込んだ印象を与えます。


c0267692_12145495.jpg



照明がおとされた室内は陰影が美しい。幾何的デザインでも柔らかさを感じます。


c0267692_12150662.jpg



乳白色の優しい光。


c0267692_12151512.jpg



窓にも小さな市松模様が組み込まれ、美しい風景を形作ります。


c0267692_12153801.jpg



雑誌Casaによると、日本建築の垂直線が交差する幾何学に感動し、ライトスタイルへと昇華。
ライトに影響を受けたのが、デ・ステイルとか。日本ってすごいんですね。



  ***************











[PR]
by hinageshi1128 | 2014-12-01 12:17 | レトロ | Comments(0)
line

レトロなものが好きで西洋館巡りや、四季を感じるオーガニックライフを楽しんでいます。


by ひなげし
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31