ひなげし日記

hinageshi3.exblog.jp ブログトップ

唐辛子は痛い ! !

          
          枝ごと干した唐辛子の乾燥がいまいちだったので
          ざるに入れて出窓でカリカリに乾燥させました。
c0267692_16392660.jpg


          粉砕する器具で一味唐辛子を作りました。
          作業はマスクを掛けて行ったのに想像を上回る唐辛子の威力に
          降参しました。喉にはりついた粉に咳き込むというより
          呼吸困難になり、顔はヒリヒリと日焼けどころではなく
          夜のお風呂ではお湯で顔はピリピリ ! !
          皆さんどうやって作っているのでしょうか?
          苦労して出来上がった一味唐辛子を姉妹と姪に
          プレゼントしました。とても喜ばれ痛みは忘れました。
c0267692_16511676.jpg

[PR]
# by hinageshi1128 | 2012-11-12 16:22 | オーガニックライフ | Comments(0)

「干し野菜」

          野菜を干すと、生より旨味と栄養価が上がるとか・・・
          生姜のスライスと、しめじと、乾燥椎茸を干しました。
          乾燥椎茸は、機械で乾燥をしているので太陽の恵みを
          あげます。
c0267692_2343387.jpg


          晴れた日に干した生姜はこんなに小さくなります。
          干し生姜は、コトコト煮出した“三年番茶”と一緒に
          水筒に入れておきます。寒い季節にぴったりの
          ホットな飲み物です。
c0267692_2391111.jpg

[PR]
# by hinageshi1128 | 2012-11-11 22:56 | オーガニックライフ | Comments(0)

素敵な本屋さん“Books and Prints”

             古い(築50年らしい)ビルの2階にある
             ブックショプの看板です。
             浜松出身の写真家“若木信吾”さんのお店です。
c0267692_22422992.jpg

     
             こちらも、若木さんのお店で写真集やラッピング小物
             カード、雑誌など置いてあります。    
             とてもキュートな“Books and Prints”の看板です。
c0267692_23142828.jpg


             このお店で“好好台湾”という本を買いました。
             私にとって“近くて遠い国/台湾”です。
             ずーっと以前、候孝賢監督の“非情城市”を
             観て以来、候孝賢監督にはまり、台湾映画にはまり
             トニー・レオンにはまり、テレサ・テンにはまり
             そして台湾に憧れ・・・何年も経ちました。
             この本を参考に近い将来台湾に行きたいと思っています。
c0267692_23173314.jpg


             〈12月7日〉先日買った「好好台湾」の著者
             青木由香さんのお話を聞きにいきました。
             何気なく手に入れた本なのにすぐに著者のお話が
             聞けるなんてグットタイミングにビックリ。
             講演の後、青木さんと少しお話ができ
             「候孝賢監督の映画めぐりをしたい」と伝えたところ
             「ツアーもあるから是非」と薦められ
             台湾へ行きたい気持ちがぐっと加速しました。
c0267692_12125.jpg

[PR]
# by hinageshi1128 | 2012-11-09 22:32 | カルチャー・アート・音楽・映画 | Comments(0)

「レトロ看板」散歩

         
          “レトロ看板” を探して浜松の街中を散歩しました。
          思ったよりたくさんあって楽しいカメラ日和になりました。
c0267692_22314523.jpg


          昭和の東京の香り。。。
c0267692_23433952.jpg


          このアパートは今でも住人が住んでいるのでしょうか?
c0267692_23441399.jpg


          看板のみが残っていました。
c0267692_2345518.jpg


             夜になってから眼に飛び込んだレトロな看板。
             キャッチコピーが泣かせます。
c0267692_220637.jpg


          すごく細い路地があったので入って行ったら、
          カメラをぶらさげた人々や、ブロック塀を眺める人々・・・
          “肴町今昔博覧会”懐かしの肴町のイベントを開催中でした。
c0267692_20355116.jpg


          壁面には、昔の肴町の暮らしぶりがイラストで紹介されていました。
c0267692_15525182.jpg


          なんとその路地で、今はもうない喫茶店 “奈珈邑” の看板に再開 !!
          懐かしい。。。
c0267692_22424228.jpg


          懐かしついでに “松菱まんじゅう” を購入。
          白あんと黒あんの2種類。小ぶりできつね色がキュート。
          どちらもさっぱり味でおいしかった。
c0267692_2243891.jpg


          こんな本を手に入れました。昭和生まれの
          “ナイス・タイポグラフィ精選”ということで、
          懐かしいロゴがいっぱいですが、こんな看板が
          まだ存在しているのですね。
c0267692_23131722.jpg


          二年くらい前、近江八幡の看板屋さんで買った琺瑯看板です。
          近江兄弟社が会社経営が大変になり、支払いの代わりに大量の
          琺瑯看板をよこされたと言ってました。
          やはり近江らしく“近江兄弟社”の“メンソレータム”です。
          いろいろな事情があり、現在の製品名は“メンターム”。
          隣に並んでいるのは、シュウマイの醤油入れです。
          横浜出身の友達にたくさんもらいました。
          その隣は復刻版のキリンビールです。
c0267692_21512213.jpg

[PR]
# by hinageshi1128 | 2012-11-09 20:35 | レトロ | Comments(0)

“うだつ”があがる旅…美濃。 10月7日

          “うだつ”は隣家との境に取り付けられた防火壁のことで、
           裕福な家しか設けることができませんでした。そこから
          「 うだつが上がる」という言葉が生まれたそうです。
c0267692_1413629.jpg


          時が止まったような美濃の町並み。
c0267692_1415638.jpg


          “むくり”が美しい瓦屋根。
c0267692_1422171.jpg


          町家から隣の瓦を覗く。風鈴が風情を出している。
c0267692_1423949.jpg

[PR]
# by hinageshi1128 | 2012-10-07 14:00 | 旅&お出かけ | Comments(0)
line

レトロなものが好きで西洋館巡りや、四季を感じるオーガニックライフを楽しんでいます。


by ひなげし
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31